前原 誠司
前原バスト
第206回
2017年03月29日 放送

民進党 前原 誠司 衆議院議員

民主党の歴史。結党から、政権奪取、そして党名変更までの足跡で、その中枢をになって来た前原議員に、「民主党」を振り返って頂きました。

総括の中での、民主時代の三つの反省点や、ニセメール問題・八ッ場ダムについて述べる前原氏が実に印象的。

安倍総理とは同期の8期目。前原氏が総理になった時の経済政策なども披露して頂きました。

そして、民主政権時代閣僚だった前原氏が大臣を辞任しようと、内ポケットに「辞表」の紙を忍ばせた事が二回ありました。

その時のエピソードと、今だったらどうする!という興味深いお話しも。

最後は、今後政権を再び取り戻す意気込み。

ご本人の言う「イケイケ時代」とは、ひと味もふた味も違う、氏の言葉には力強さの中に優しさがありました。

 

他には、学生時代のさまざまなアルバイトの話し、ご家族の話し、森友学園証人喚問裏話、

好物と言われているあのお菓子についても真相が明らかになりました。

必見です!

一度大きな山を越えられなかった、悔しさ、矜持、寛容・・・新たな前原氏を作っている感じがしました。

 

辻元清美さんのようにわたしも「新生!前原誠司」に抱きつきたくなりました。

その時は腰を引けない様お願いしたいものです。笑

 

「会いに行ける国会議員」は赤坂プラスのスタジオで、2011年10月からスタートしました。

長い間、ありがとうございました!!

また別の形で、つながりましょう☆

 

●幸せ度数年表

(クリックで拡大)

IMG_2143