野田 国義
野田議員バスト
第217回
2018年05月03日 放送

民進党 野田 国義 参議院議員

日本有数のお茶どころ八女市の市長を4期つとめ上げました。
初出馬の時は34歳という全国最年少市長だったことから「八女のクリントン」などと呼ばれました。
学生時代から、木曜クラブ(かつての自民党田中派)で砂防会館などに出入りしているうちに、
政治に目覚め、政治家を志すようになったと言います。
当時、梶山静六氏の「政治家は51%でいいんだ」という言葉に感銘をうけました。
市長当時から、市民の満足度を常に基準として政策も行動もして来たと言います。
たまたまこの収録日は、佐川氏の証人喚問の日でしたが、
「地方行政で長年培ってきた情報公開などの観点からも、由々しき事態」として追求していきたいと語りました。
県議になられた奥様とは「家でも政治の話ばかり」となげき?ます。

●幸せ度数年表(クリックで拡大)

attachment02